一般社団法人日本植物油協会は、
日本で植物油を製造・加工業を営む企業で構成している非営利の業界団体です。

線

日本野菜ソムリエ協会×日本植物油協会

植物油&プラントベースフード活用レシピ

第2回アスパラガスのサクサク春巻き

植物油の特徴・野菜との相性
線
キャノーラ油は「なたね油」の一種で、オレイン酸やビタミンEを多く含みます。そのため、高温でもコシが強くて酸化しづらく揚げ物に適した油です。
アスパラガスは根元の部分が固く火が通りづらいですが、揚げると短時間の加熱で火が通り、旨味をギュッと閉じ込めることができます。
また、アスパラガスに含まれるβ-カロテンやビタミンA、Eなどの脂溶性ビタミンの吸収率がアップします。
野菜の豆知識
線
アスパラガスの鮮やかな緑色に春の訪れを感じます。穂先がしっかりと閉じて根元がみずみずしく、太めのものを選びましょう。
鮮度が落ちやすいため、なるべく早く使い切ることがポイントです。
柔らかい穂先には機能性成分である「ルチン」や疲労回復効果が期待できるアミノ酸である「アスパラギン酸」を多く含みます。
プラントベースフードについて
線
植物油でカラリと揚がり、サクサクの衣と柔らかいアスパラガスの食感の違いがたまりません。
一緒に合わせた韓国海苔とブロッコリースプラウトがさらにビタミン&ミネラル類をプラスすると共に味のアクセントにもなるため、
余分な調味料は不要。香ばしさと野菜の旨味が楽しめます。プラントベースでもボリューム感たっぷりです!
線

Cooking Movie

アスパラガスのサクサク春巻き

※ブラウザが最新のバージョンでない時、動画を再生できない場合がございます。

線

2

線
アスパラガス
4本
韓国海苔
8枚(8つ切り)
ブロッコリースプラウト
1パック
春巻きの皮
4枚
キャノーラ油
適量
小麦粉 ※春巻きのり付け用
大さじ1(同量の水で溶く)

線
  1. STEP1

    アスパラガスとスプラウトは洗って水気をとっておく。
    アスパラガスは根元の断面を切り落とし、根元部分に数回ピーラーをいれる。

  2. STEP2

    春巻きの皮の上にアスパラガスをおく。春巻きからアスパラガスがはみ出ないように皮の端に合わせておくのがポイント。
    韓国海苔とスプラウトを広げ、アスパラガスを手前から巻き、巻き終わりを水溶き小麦粉で閉じる。

  3. step3

    フライパンにキャノーラ油を高さ1センチ程度入れて中温(170度程度)に熱し、巻いたアスパラガスを入れる。
    数回転がしてキツネ色に揚げる。

  4. STEP4

    油を切り、食べやすい長さに切る。

このレシピを印刷する

高崎順子

野菜ソムリエ上級プロ

横浜を中心に野菜を通じた食育活動『親子★横浜野菜キッチン』を主宰。野菜授業、料理教室、セミナー、レシピ開発等を手がけながら、ファミリーで野菜を楽しむ食卓提案を続けている。

Facebook
https://www.facebook.com/junko.takasaki1/
Instagram
https://www.instagram.com/junko.takasaki/
Twitter
@withvege
他のレシピを見る