一般社団法人日本植物油協会は、
日本で植物油を製造・加工業を営む企業で構成している非営利の業界団体です。

線

日本野菜ソムリエ協会×日本植物油協会

植物油&プラントベースフード活用レシピ

第1回トマトとお豆のサラダ~新玉ねぎとお味噌のアマニドレッシング~

植物油の特徴・野菜との相性
線
アマニ油はn-3系必須脂肪酸の一つであるαリノール酸を多く含んでおり、体に吸収されるとその一部がEPAやDHAに変換され、生活習慣病やアレルギー症状緩和などの健康効果が期待できます。
色の濃い野菜に多く含まれているβカロテンは油と一緒に食べることで吸収率が高まるので、ドレッシングとして利用するのがおすすめです。
野菜の豆知識
線
真っ赤なトマトにはリコピンやβカロテン、ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれています。
ずっしりと重く、おしり部分に放射線状に現れる線があるものはおいしいトマトと言われています。
プラントベースフードについて
線
植物性の食材で不足しがちな栄養素(脂質)とコクは植物由来のアマニ油を加えることで補うことができます。
今回のレシピは豆や味噌を加えることで、さらに満足感のある味になっています。
線

Cooking Movie

トマトとお豆のサラダ

~新玉ねぎとお味噌のアマニドレッシング~

※ブラウザが最新のバージョンでない時、動画を再生できない場合がございます。

線

2

線
トマト
大1個(300g)
白いんげん豆(水煮)
100g
スナップエンドウ
6本
新玉ねぎ
小1個(100g)
にんにく
1片
バジル
6枚(6g)
アマニ油
大さじ1
味噌
大さじ1
ワインビネガー
大さじ1

線
  1. STEP1

    トマトを一口大に切る。

  2. STEP2

    玉ねぎは1.5cm角に、
    にんにく・バジルはみじん切りにする。

  3. step3

    スナップエンドウは筋をとり、
    1分ほど茹でて半分に切る。

  4. STEP4

    耐熱容器に玉ねぎとにんにくを入れてまぜ、ラップをかけ電子レンジで加熱する。(600W1分30秒~2分)

  5. STEP5

    ④の容器に味噌、ワインビネガーを入れて軽く混ぜ、アマニ油を入れてよく混ぜる。

  6. STEP6

    ⑤にバジル、トマト、スナップエンドウ、白いんげん豆を加えて和える。

このレシピを印刷する

たしろゆきこ

野菜ソムリエプロ

料理教室 オレンジキッチンクッキングスタジオ主宰。
野菜の色や形、香りや食感、栄養素を活かし、手軽で簡単、カラダとココロに優しいレシピを得意とする。自治体・企業主催の講演会・講座 講師、各種メディアでのレシピ提供を行う。

https://www.facebook.com/yukiko.tashiro.9

他のレシピを見る