一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

「からだにいいこと2020年1月号」に掲載されました!

「油は太る」「油はただの調味料」ではありません! 植物油は植物に含まれる栄養素がギュッと詰まった、
健康にも美容にもとても重要な食材なんです。

  • コレステロールを
    抑える

    生活習慣病の原因”コレステロール”。このコレステロールを下げる働きがあるのが植物油に含まれる「リノール酸」や「リノレン酸」です。またオリーブ油などに豊富な「オレイン酸」には、悪玉コレステロールだけを下げる優れたパワーも。

  • 必須脂肪酸が
    手軽に摂れる

    人の体内では合成できない「リノール酸」や「リノレン酸」といった必須脂肪酸が、手軽に摂れるのも植物油の魅力。また、人の成長や健康に欠かせない不飽和脂肪酸のひとつ「オレイン酸」も植物油ならより効率よく、確実に摂ることができます。

  • 抗酸化ビタミンの
    重要な供給源

    植物油は抗酸化ビタミンの代表「ビタミンE」の重要な供給源。なんと約30%を植物油から摂っているほど。また、カロテンやビタミンDなどの脂溶性ビタミンの吸収をアップさせる効果もあるため、緑黄色野菜などと一緒に摂ると

  • 薄味でも
    料理がおいしい

    気になる塩分を減らしても、素材の良さを引き出して、おいしく仕上げてくれるのが植物油。野菜や魚などを揚げれば、あくや臭みが水分と一緒に抜けて食材自体のおいしさがアップ。炒めれば、素材の旨みをぎゅっと閉じ込めることができます。

  • 抗酸化成分が
    老化をストップ

    植物油に酸化防止剤が添加されていないのは、「トコフェロール(ビタミンE)」をはじめとした植物が作り出す様々な「抗酸化成分」が含まれているから。これらの成分には、ヒトの細胞を酸化から守り、老化を止める効果が期待できます。

サラダや揚げ物、炒め物の他にも、植物油にはこんな使い方も。毎日の食事がもっとおいしくなる、植物油の調理テクをご紹介します。

ハーブや唐辛子を入れてオリジナルオイルに

水分が少ないローズマリーやベイリーフなどのハーブ瓶に入れて、お好みの植物油を注げば「ハーブオイル」の完成。ドレッシングやグリルした素材にかけると◎。また、中華やイタリアンに重宝するのが「辛みオイル」。お好みの植物油に赤唐辛子、皮をむいてふたつに切ったにんにくを加えるだけ。どちらも2か月以内に使いきって。

赤身肉をマリネしてやわらかくする

ステーキにはサーロインやリブロースが向いていると思いがちですが、ももなどの赤身肉でも十分おいしく、しかもヘルシーにステーキが楽しめます。ポイントは「植物油」。赤身肉を軽くたたいて、塩・こしょうをし、お好みの植物油をかけて半日ほどマリネに。焼く前にこの工程をプラスするだけで、お肉がグッとやわらかくなります。

ゆで湯にたらして野菜の彩りアップ

青菜やブロッコリーなどの緑色の野菜はゆでると変色して、見た目が悪くなることが。そんなときにこのワンポイントテク。ゆでるときにゆで湯に植物油を少量たらすと、彩りもつやもアップ。さらに青臭さも抜け、歯ごたえもよくなります。また、中華料理の調理法のひとつ「油通し」の代わりにもなります。